So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

2004.11.6 『麻布大学 大学祭』アコースティック野外ライブ [2004]



2004.11.6 『麻布大学 大学祭』アコースティック野外ライブ


*  live member *
岩瀬敬吾 vo & g (A)
奥田健介  (NONA REEVES)  g(E) & k
若森さちこ percussion


*  set  list  *
Kがキーボド
Eがエレキギター
Pがパーカッション
敬吾はすべてアコギ

----------------
1.NEW STANDARD---------K P
2.下北沢サーカス------------K P
  MC
3.憂鬱なロザンナ------------K P
4.ラウンド------------------E P
5.うたかたの夢--------------E P
  MC
6.(仮)めりこんだ未来(新曲)--敬吾アコギソロ
7.新曲(タイトル不明)--------敬吾アコギソロ
  メンバー紹介
8.レディオステレオ-----------K P
9.プライベート---------------E P
10.CRUSH SANDWICHES----E P
11.MILK-------------------K P
12.銀色の月----------------K P
  MC
EN1.くり返すは口ぐせと罪悪感--敬吾アコギソロ
EN2.感情はとかすらしい-------E P

----------------

ここのところの肌寒い日が続いていた中、おだやかな天候に恵まれ、
11月とはいっても夕方でもさほど寒くない日だった。


あらかじめ問い合せしたら、音合わせの時点で一回グランドの門を閉めるというので
外でなにげに時間をつぶしていたら、
時間的にも敬吾の楽器搬入が行われる時間に
会場は既にたくさんの人が座ったり、立ち見で待っていたりして
「やられた~」と、思いながら、真ん中くらいの位置で観ることができた。

麻布大の学生さんらしき男子や
ひとりで来ていていかにも敬吾ファンの高校生の男子など
男子ファンも多かった。


グラウンドの特設ステージは天上からの照明と
後方からのスポットライトもあり、立派な舞台だった。


開演の20分前くらいにステージ後方へ敬吾やスタッフさんなどが車で到着。
控え室は別の場所にあったらしく、車から降りる敬吾が見えた。

 

開演は多少遅れ、なんだかアフリカっぽいオープニングSEだったような・・・
パーカッションの若森さんとエレキ&キーボードの奥田さんに続き
敬吾が登場。



「敬吾~!!」
の大歓声があがる。
実は広島の時は、アコースティック形式とのことでかみんなじっと聴き入っていた感じだったので、
それに比べると、はるかに歓声が多かった。



広島の時と同じ3人編成。
敬吾も広島での手ごたえを感じたのか? 自信たっぷりの様子♪

私は広島に行ったので感じがつかめていたけど
初めてのひとは、きっとアレンジの違いなどにびっくりしたでしょう。
イントロではどの曲が始まるのか、わからない曲も多かったと思うし。


「NEW STANDARD」に続き
「下北沢サーカス」の時は、ちょうど時間的にも夕闇から真っ暗になりかけた頃で
野外で聴くのに、この曲は合う!
夜のとばりが落ちかけた時間加減にとってもマッチ!
思わず、ふわりふわり、手を動かしてしまいました。



(MC)

こんばんは、岩瀬敬吾です。
学園祭に呼んでもらってうれしいです。   
広島でも学園祭をやったんですけど、少しメニューも変えてありますし
初めての方も最後まで楽しんで行ってください。
じゃ、次の曲は「憂鬱なロザンナ」

 

個人的に狂気乱舞。
広島では演ってない曲だし、大好きだし、もう~敬吾ありがとう☆
って気持ちで、最初から最後まで敬吾に合わせて小さい声で歌っていました。


自分的にこの曲はすごいしゃれた曲だと思ってるんで
この頃おしゃれ度UPの敬吾が歌う「憂鬱なロザンナ」は更にハイセンスな感じ(ο≧∇≦)ο
キーボードもいい感じに入っていたと思います。


「ラウンド」は広島に行けなかった人のために絶対はずしてほしくなかった!
広島の時はびっくりしちゃって、あまりどうだったかが定かでない部分もあった。
今回じっくり聴いたら、奥田さんのエレキはさほど主張してなく、
敬吾がアコギを激しくかきならし、そして、ロックスピリッツのヴォーカルで歌い上げてました。
「ラウンド」アコギヴァージョン。



「うたかたの夢」はアアコースティック形式なんだけど
間奏部分の奥田さんのエレキがめちゃかっこよく
敬吾も「ラウンド」に続いてのせいもあってか?
かなり激しくアコギを弾いていて(≧▽≦)

足で何度もステップを踏み鳴らしていて、ノリがよくてかっこよかった~。
静かに聴いてるひとがいようが、だめです・・
身体が動いちゃって ( -_-;





ここで、メンバーのおふたりが一時退場され、敬吾ひとりに。


(MC)
ちょっと、ひとりでね、ギター1本で演ってみようと思います。

そういうのもいいでしょ?
ギターの音と声だけが伝わって。


余計な音がないほうがいいようなこともあるじゃん?
わかるよね?

わかんないかな?
へへ。

じゃー、ここで新曲を。
えーと、タイトルは仮で「めりこんだ未来」とでもしておこうかな。



「めりこんだ未来」は聴くのが3回目。
大人な敬吾の一面を見るような
それでいて、サビ部分のメロディラインはきれいに流れる感じで。
やっぱ敬吾は一味違う・・と感じさせてくれる曲が、また1曲。



タイトルを言わない新曲のほう。
途中から敬吾の高音に転調するところがすごい印象的。
歌詞の耳コピだと
「あー、way」と聴こえる部分が高音でとってもきれい。




ここでメンバーが戻っての「レディオステレオ」
私の記憶が間違ってなければ、広島ではエレキで演っていて
そのようにレポも書いたんですが、今回はキーボードでした。



この曲は好きな人が多いせいか、みんな聴き入っていた感じ。
外で聴く「レディオステレオ」もよかった♪

敬吾のきれいなヴォーカルが、箱のない、どこまでも伝わって行くようで・・。
この曲は若森さんのドラム替わりの太鼓と
CDに入ってるような鉄琴の音がとてもFIT。




ここで、メンバー紹介

(敬吾)
ここで、今日一緒に演奏してくれてるメンバーを紹介したいと思います。
広島の学園祭でもこの3人で演ったんですが
なかなかしっくり来るなぁと思って、時々この編成で演れたらな、と思っています。


奥田さんと若森さんを紹介。
最後に自分の事を「岩瀬敬吾」と言った後、

  「まっ、俺はどうでもいいんだけどね・・」←敬吾らしい♪


次の曲に行く前に・・・

「水、飲むね・・」

「チューニングするよ」

とわざわざ言ってて。
これ・・女子はキュンキュンでしょ☆




(敬吾)
久しぶりに歌います。「プライベート」



「プライベート」
この曲も間奏にエレキソロが入って、かっちょいー♪
敬吾のヴォーカルがぐーんとUPしてから
初めて聴いた「プライベート」だったので
個人的に超・感激!!


敬吾の曲は古くならないね~。
うねる、うねるw


で。
この「プライベート」
エンディングが奥田さんのエレキと敬吾のアコギが同時に突然切れる終わり方。

ひゃー、かっけー!!!



「CRUSH SANDWICHES」は
イントロのアレンジが全然違うので、歌うまでわからなかったひとも多いかも。




「MILK」
私が思うに、敬吾は激しいロック調の自分の曲が好きだと思うんですよ。
まぁ、全部好き、って言うひとですけど 笑))

だけど「気持ちよさそうに歌う」ことに関しては、敬吾本人はわからないけど、
観てるほうからだと「MILK」に思えますね。


自分が「MILK」が好きだからってのもあるんだけど
敬吾の声の伸び、CDよりも力強く歌うのを聴いていると
ああ、歌ってて気持ちよさそう、って思っちゃいます(≧▽≦)

これはライブの方が健全? 笑))
CDはsexy過ぎだー





(敬吾)
「最後の曲です」と言って
「銀色の月」


この曲が今回の中で、一番原曲とイメージが違うアレンジのような
気が私にはした・・

いいっすねー、真っ暗なグラウンドでスポットライト浴びてる
敬吾観ながら
聴きながら
なんか洒落た「銀色の月」別ヴァージョンを聴くなんて!




広島ではベース音としてキーボードを使っていたのか?って話してたけど、
この日注目してたら、ほとんど高音の効果音的使われ方のよう。
超高音キーボードとアコギとパーカッションで、ああなるのかぁ、、、みたいな。
「幻想的な」銀色の月でラスト。

 


会場からのアンコール。

敬吾ひとりで出てきて

"呼んでくれてありがとう。
呼んでもらえなかったら、あと2曲用意して来たのに無駄になるとこだったよ。"

などと(笑)


"今日は、ありがとう。
そして、学校の実行委員会のみなさんも・・・
あ、それは後で直接言えばいいか(笑)"


"いやー、グラウンドいいねぇ、広くて。
フットサルがいくつできるかって感じで。
ここの大学は獣医学部とかもあるから、動物もいるんでしょ?

・・俺、目が悪いけん、よく見えんけど、、、"



というと
会場から男子が「ワンワン」と、和やかなムード。


”じゃ、残り2曲になります"と言って




「くり返すは口ぐせと罪悪感」
敬吾のアコギソロ。

13曲目の曲なのに高音もきれいに出ていて
なーんか幸せな気持ちに。

何度ライブで聴いたかわからないこの曲。
でもすごい安心感があるんですよ。
いやー、何度聴いてもいい曲ー。
敬吾の原点だからね。




メンバーの方も戻って、本当に最後の曲。

"僕も大好きな曲です。
気持ちよく歌うので、気持ちよく聴いてください"

「感情はとかすらしい」


そして、ステージを去る時にもう一度マイクに向かって

"今日はほんとにどうもありがとう。
また、お会いしたいです。
また、会いましょう。"

                   
       
                   - END -





私は広島・麻布大と学園祭に2回目で、2回観れて幸せだと思いました。

敬吾ももちろんバンドを決めたりするんでしょうが、ロックで乗れるライブの他に
この編成もお気に入りのようだし、両方観せていただけるなら最高です。

真ん中辺で全体を見渡す位置で参戦して感じたことは
敬吾が歌だけでなく、ミュージシャンとして
確実に楽器を操る姿がかっこよくなっていること。


それにしても、うれしそうに歌うひとだぁ~☆



                                  (約1時間20~30分)


麻布大学実行委員会のみなさん、ありがとうございました。

 





タグ:2004

共通テーマ:音楽
前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。